【ビジネスヒント】相手に印象を残す名刺の肩書とは!?

【ビジネスヒント】相手に印象を残す名刺の肩書とは!?

名刺を作成する際には、名前や連絡先だけではなく、ほとんどのケースでは「肩書」も記載しています。名刺の肩書は、単にその人の役職や職種を伝えるだけではなく、相手からの信用を得たり具体的な仕事内容を知ってもらったりすることにも役立ちます。

名刺に載せる肩書の効果や肩書の書き方、印象的な肩書にするためのポイントとは一体何でしょうか。
 

名刺の肩書の役割とは

名刺に肩書を載せることで信用度が上がり、さらに仕事内容や人柄を印象付けるように工夫しておくことで、その後の仕事や新しい縁につなげることが期待できます。

名刺を作るときには、自分ならではの肩書を載せられるよう工夫を凝らしてみることをおすすめします。
 

肩書は「自分は何者なのか」を相手に伝える

名刺の肩書は『自分は何者で、何ができるのか』を伝えるためのものです。

企業に属している場合、名刺に肩書が記載されていればその人の会社におけるポジションや仕事内容・職種などをひと目で理解してもらえます。また、フリーランスのような個人事業主となると、会社員以上に具体的にどのような仕事ができるのかを明確に伝えることが重要となります。

仕事を円滑に進めるためにも、名刺の肩書を上手に活用することが大切です。
 

肩書を記載することで信用を得られる

日本はいまだに「肩書社会」であるとも言われています。

役職や職種が何も記載されていない名刺を持つ人よりも、何かしらのポジションや仕事内容が伝わる肩書が記載されている名刺を持つ人のほうが信用される傾向があります。

企業によっては、営業社員にはしっかりとした肩書が記載された名刺を持たせて営業に回らせているところもあるほどです。

ただし、見栄えのいい肩書にしたいからといって、実際の地位とは異なる役職を入れたり、対応していない仕事内容などを記載したりすることは、結果的に信用を失いかねませんのでNGです。
 

相手の印象に残る名刺の肩書テクニック

名刺の肩書における役割をお伝えしましたが、実際には名刺を渡した際に『自分を相手の記憶に残す』ことが最も重要です。

ビスタプリントのお客様支援コンテンツ『アイデア&アドバイス』では、自分らしい肩書にするためのひと工夫や、一般的な役職名の英語表記の説明など、さらに詳しいテクニックをご紹介していますのでぜひこちらもチェックして下さい!